16課 イタリア語の規則動詞(-ere動詞)

イタリア語講座第16弾です!

これまでにイタリア語の文法の
「発音」「名詞」「冠詞」「簡単な挨拶や会話」
「形容詞」「指示形容詞」「動詞essere/avere」
「数字」「規則動詞-are」
を勉強しましたね。

今日はイタリア語の規則動詞のうちの
-ere動詞を学習します。

イタリア語の規則動詞には
・-are
・-ere
・-ire
3つのパターンがあるんでしたね。

-ere動詞はその中の一つです。

-ere動詞とは
vedere/piangereのように
-ereで終わる動詞のことです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ere動詞の活用

-ere動詞も主語によって
もちろん活用は変わります。

基本的には-are動詞と似ていますよ。

気を付けるのはlui/voi/loroのときです。

それでは例を見てみましょう。

主語 パターン credere(信じる) leggere(読む)
io o credo leggo
tu i credi leggi
lui/lei/Lei e crede legge
noi iamo crediamo leggiamo
voi ete credete leggete
loro ono credono leggono

では例文を見てみましょう

今日は早速例文を勉強します。

-are動詞も-ere動詞も微妙に活用が違います。

何度も読んで慣れていくと、
自然に正しい活用を覚えてくると思います!

繰り返しの学習をお勧めします。

例文

scrivo una lettera. / 私は手紙を書く。

Vivi con Maria. / 君はマリアと一緒に住んでいます。

Taro legge un libro. / タローは本を読む。

Noi vendiamo una gonna. / 私たちはスカートを売ります。

Voi vedete Taro. / 君たちはタローに会う。

単語チェック

scrivere 書く / lettera 手紙 / vivere 暮らす / con 一緒に
leggere 読む / vendere 売る / gonna スカート / vedere 会う、見る

わからない単語がありましたら、
辞書で1つ1つ調べてください。

次回はイタリア語の規則動詞(-ire動詞)

今日の学習はこれで終わりです。

次回はイタリア語の規則動詞の
最後のパターンを勉強します。

-ire動詞です。

規則動詞をマスターしたら、
イタリア語の会話の幅もかなり増えてくると思いますよ。

それでは次回お会いしましょう!

イタリア語講座(目次)

テーマ
01課 イタリア語の発音(その1)
02課 イタリア語の発音(その2)
03課 イタリア語の発音(その3)
04課 イタリア語の挨拶・会話表現
05課 イタリア語の名詞には性別がある
06課 イタリア語の名詞の複数形
07課 名詞のまとめ(6,7課のまとめ)
08課 イタリア語の冠詞(単数)
09課 イタリア語の冠詞(複数)
10課 イタリア語の形容詞
11課 指示形容詞(qusto/quello)
12課 イタリア語の動詞「essere」
13課 イタリア語の動詞「avere」
14課 イタリア語の数字
15課 イタリア語の規則動詞(-are動詞)
16課 イタリア語の規則動詞(-ere動詞)
17課 イタリア語の規則動詞(-ire動詞)
18課 イタリア語の序数・曜日・月・季節
19課 「否定文」「疑問文」「ci+essere」
20課 イタリア語の前置詞
21課 イタリア語の不規則動詞(-are動詞)
22課 イタリア語の不規則動詞(-ere動詞)
23課 イタリア語の不規則動詞(-ire動詞)
24課 イタリア語の様態動詞
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事とスポンサーリンク