23課 イタリア語の不規則動詞(-ire動詞)

イタリア語講座第23弾です!

前回はイタリア語の不規則動詞(-ere動詞)を勉強しました。

今日はイタリア語の不規則動詞のうちの
-ire動詞を学習します。

イタリア語の動詞には
・-are
・-ere
・-ire
の3つのパターンがありました。

今日はイタリア語の不規則動詞のうちの
最後のパターンです。

不規則動詞はとにかく暗記です!

さっそく活用表に入りますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

不規則動詞(-ire動詞)の活用

dire/言う venire/来る uscire/出る salire/上がる
io dico vengo esco salgo
tu dici vieni esci sali
lui dice viene esce sale
noi diciamo veniamo usciamo saliamo
voi dite venite uscite salite
loro dicono vengono escono salgono

ここで大事なことが1つあります。
venireは「来る」ですが、
「相手のいる場所、相手の行く方向に行く」の意味もあります。
そういうときはandare「行く」は使いません。

下記例を参照してください。

Vado a Tokyo. / 私は東京に行きます。
-Vengo anch’io. / 私も行きます。
※×Vado anch’io とはなりません!

恒例の不規則動詞に慣れよう。

では毎回恒例の「習うより慣れろ」です。
わからない単語は辞書でも確認して、定着させましょう。

dire/言う

Lui dice la verità. / 彼は事実を言う。

venire/来る

Vengo subito. / すぐ行きます。

Loro vengono a casa mia. / 彼らは私の家に着ます。

uscire/出る

Esco dal treno. / 私は電車を降りる。

Taro esce con gli amici. / タローは友達と一緒に出かける。

salire/上がる

Maria sale per le scale. / マリアは階段を上る。

次回はイタリア語の様態動詞

今日の学習はこれで終わりです。

これで不規則動詞はすべて学習しました。

不規則ですので、忘れやすいと思います。
忘れたらその都度確認してくださいね。

次回はイタリア語の様態動詞を勉強します。
補助動詞とも言いますね。

英語でいう助動詞「must/can/should」
に似ています。

それでは次回もお会いしましょう。

イタリア語講座(目次)

テーマ
01課 イタリア語の発音(その1)
02課 イタリア語の発音(その2)
03課 イタリア語の発音(その3)
04課 イタリア語の挨拶・会話表現
05課 イタリア語の名詞には性別がある
06課 イタリア語の名詞の複数形
07課 名詞のまとめ(6,7課のまとめ)
08課 イタリア語の冠詞(単数)
09課 イタリア語の冠詞(複数)
10課 イタリア語の形容詞
11課 指示形容詞(qusto/quello)
12課 イタリア語の動詞「essere」
13課 イタリア語の動詞「avere」
14課 イタリア語の数字
15課 イタリア語の規則動詞(-are動詞)
16課 イタリア語の規則動詞(-ere動詞)
17課 イタリア語の規則動詞(-ire動詞)
18課 イタリア語の序数・曜日・月・季節
19課 「否定文」「疑問文」「ci+essere」
20課 イタリア語の前置詞
21課 イタリア語の不規則動詞(-are動詞)
22課 イタリア語の不規則動詞(-ere動詞)
23課 イタリア語の不規則動詞(-ire動詞)
24課 イタリア語の様態動詞
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事とスポンサーリンク