日本人がミネラルウォーターを飲むなら軟水!硬水は胃腸に負担が。

軟水、硬水とはよく聞く言葉です。
ミネラルウォーターを選ぶときにはよく聞く言葉ですね。

そもそも軟水、硬水とはどういう意味なのでしょうか?
軟水、硬水とは、水に含まれるカルシウムとマグネシウムの量で決められます。
カルシウムとマグネシウムの量は多いと硬水となります。
いわゆる「ミネラルが豊富」な水が硬水です。

ミネラルが多いと美味しく感じますが、多すぎるとぬめりを感じ美味しくなくなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ミネラルが豊富」な硬水は胃腸に負担がかかる

硬水がミネラルが豊富なら、硬水を選んだ方が体によさそうですね。
しかし、単純にそういうわけではありません。
それは日本の水の多くは軟水だからです。

硬水は体への吸収がよくありません。
軟水に比べ胃腸に負担がかかります。
硬水に慣れていない日本人にとっては尚更ですね。

海外旅行では、「お腹を壊すから水道水は飲むな」と言われますね。
ヨーロッパや中国は硬水の地域が多いためです。

一方、硬水は吸収が良くないため、ダイエットをする人には硬水がおすすめされています。
日本人が硬水を一度に大量に飲むことは、胃腸に多くの負担がかかり健康を害する恐れがあります。
自分の身体と相談しながら飲むことを心がけてください。



軟水はお腹に優しいので赤ちゃん、お年寄りにも安心

軟水はいわゆる「日本の水道水」と似た性質のものです。
お腹にも優しく安心です。

赤ちゃんやお年寄りが飲むのにおすすめです。

あなたが飲んでるミネラルウォーターは軟水?硬水?

軟水、硬水の基準はmg/Lで表示されます。
日本では主に80mg/L以下の水が使用されています。
100mg/L以下が軟水と一般的には考えられています。

これを基準にミネラルウォーターも選んでみてください。

海外のミネラルウォーターでも、軟水はもちろんありますよ。
コントレックスの硬さは凄まじいですね...

軟水

南アルプスの天然水 30mg/L
ボルビック/Volvic 50mg/L
クリスタルガイザー/Crystal Geyser 38mg/L or 67mg/L※2種類あります。
六甲のおいしい水 84mg/L
い・ろ・は・す 100mg/L未満(不明)

中硬水

エビアン 297mg/L

硬水

ヴィッテル/Vittel 315mg/L
ペリエ/Perrier 381.9mg/L
コントレックス/Contrex 1468mg/L

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事とスポンサーリンク