良い発声とは?

良い発声とはどのようなものを指すのでしょうか。ボイストレーニングをしていく中で、どういう方向で練習していけばいいのかを私はよく考えていました。
答えとしては、声が伸びやかに出ることだと個人的には思っています。

ですので、ボイストレーニングにおいては声がどのようにすれば伸びやかになるかを考えていくべきです。

それには、筋肉を鍛えることが大切だと思います。

どの筋肉かと言えば、喉や口の中やその他の歌うために使われる筋肉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

口を大きく開ければ声は反応する

では、歌う筋肉はどうすれば反応してくれるか。
それには、まず口を大きく開けて元気に歌うことが大切だと思います。

ボイトレのことばっかり考えていると頭でっかちになってしまって、どうしても頭で考えて歌ってしまうんですよね。

そのために、小さい口で窮屈に歌ってしまいがちになってしまいます。

口を大きく開ける理由は、自然に口や喉の周りの筋肉が反応してくれるからです。
そして、何より伸びやかに歌うことができます。

喉の奥までしっかりと開ける

ただ口の開け方も色々なやり方があります。
大切なことは、喉の奥までしっかりと開けることです。
そうすれば、喉の位置も自然に安定してくれます。

歌ときには、この喉の状態が下がった状態で安定していることが大切です。

喉の奥をしっかりあけるためには、あくびの状態をイメージして開けるとわかりやすいと思います。
私が1番あてはまったイメージがあくびでした。他にも口の中に卵を入れた感じとかもあるみたいです。

私も口を大きく開けて歌うことを意識することで、歌声に変化が起こりました。
喉の負担も減った気がしてます。カラオケでも長い時間歌えるようになりました。
声量も以前に比べて大きくなったので、口を大きく開けることの大切さを感じました。

また口を大きく開けて歌うと、姿勢も自然に良くなってくる傾向にあると思います。
小さく開けているときより、喉以外の胸やお腹や背中などの筋肉が活発に使えるようになっていたらしめたものです。

もしそうなっているのなら、きっと歌が今までに以上に楽しく伸びやかに歌えることと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事とスポンサーリンク