ボイトレでの腹式呼吸のポイント

腹式呼吸は重要だとずっと教わってきました。しかし、何となく歌には腹式呼吸なんだよなーと漠然と思っていただけで、なぜ腹式呼吸をするかは正直わかりませんでした。

ようやく腹式呼吸の大切さがわかってきた気がしますので、少し整理しておこうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

腹式呼吸は伸びやかに歌うため

個人的な結論として、腹式呼吸で歌うと伸びやかに歌えるようになる!と言うことだと思います。

胸式呼吸ばかりしていると、初めは割と順調に歌えるんです。
しかし、歌うにつれて少しずつ歌うことが辛くなってくるんです。

たぶん胸やお腹などに余計な緊張がだんだん溜まってきているのだと思います。

その点腹式呼吸は余分な筋肉を余り使わないので、伸びやかに歌える状態が長く続いていきます。

肩を動かさない

では腹式呼吸はどうやってするのか?
まず大切なことは肩を動かして呼吸をしない!ことです。
肩を動かして歌うと、歌に関係のない動きを沢山していることになるんですよね。
その無駄な動きはなくすべきです。
肩が動くと、肩は喉と近いところにあるので声にも何かしら悪い意味で影響してくるのかもしれません。

また、肩を動かさないと空気が入ってくる場所は自ずと限られてくるので、お腹に入りやすくなるということも関係していると思います。

喉を開いて息を吸う

もう一つ腹式呼吸で大事だなと感じたことは喉を開けることです。
私の悪い癖は、ついつい喉の力を使って息を吸っていることでした。

腹式呼吸以前の問題ですね。

喉の筋肉を使って息を吸ってしまうと、胸やお腹が正しい動きをしようとしてもどうしても腹式呼吸にならないんです。

喉は呼吸のためのただの息の通過点だと思って、余計な力は何も入れないことが大切だと思います。

いちどコツをつかむと腹式呼吸はそんなに難しいものではないのかなーと思いました。

歌で腹式呼吸はどのような効果があったかと言うと、個人的には力まなくった!ということが挙げられると思います。
あとは、息がたくさん吸えるようになったので声が楽に出るようになりました。

力まなくっただけでも大きな進歩です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事とスポンサーリンク