カフェオレとカフェラテの違いは!?注文時に迷わないために。

外で食事をしているときに、食後にコーヒーを頼むことはよくありますよね。

ミルク入りのを頼もうとメニューを見るとカフェオレとカフェラテが両方書いてある。ってことは皆さんも経験があるのではないでしょうか。

違いは何ですか?と聞きたいところですが、恥ずかしくて聞けない方もいると思います。

そこで、カフェオレとカフェラテについてまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フランス語とイタリア語の違い

そもそもは、言葉の違いです。
カフェオレはフランス語で、カフェラテはイタリア語です。

しかし、両方ともミルク入りのコーヒーという同じ意味です。

なんだ。国が違うだけか…なら中身は同じじゃないのか!?と思ってしまいますよね。
しかし、国が違えば中身もやはり変わってくるのです。

フランスはドリップコーヒー、イタリアはエスプレッソの文化

フランスでカフェというと、一般的にドリップコーヒーのことを指します。
ですので、普通のコーヒーとミルクを合わせたものがカフェオレということになります。

イタリアでカフェというと、一般的にエスプレッソコーヒーのことを指します。
ですので、エスプレッソとミルクを加えたものがカフェラテになります。

ドリップコーヒーよりエスプレッソの方が濃いので、一般的にはカフェオレよりカフェラテのほうがミルクはたくさん入っていることになりますね。

私は家で飲むときは、ドリップコーヒーにミルクを入れてます。
と言うことは、カフェオレを家では飲んでいるということですね。
知人に紹介されて以来、加藤珈琲は愛用豆のうちの一つですね。

皆さんもカフェオレとカフェラテの両方を見かけたら、この違いを意識してお好みの方を注文してみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事とスポンサーリンク