銚子の魚は脂のノリが違う!~白身のトロ、あぶらぼうず~

銚子は海の街です。

東京から電車で約2時間、特級料金を節約すると約3時間で銚子駅に着きます。
その銚子駅から銚子電鉄で4分のところに観音駅があります。
海が見える美しい街ですね。

その観音駅に白身のトロと呼ばれる珍しい魚を使った美味しい料理が食べれるお店があります。

先日ヒルナンデスにも取り上げられていました!

umibouzu

スポンサーリンク
スポンサーリンク

海ぼうず

そのお店とは観音駅にある
「海ぼうず」
です。

個人経営のような人情味が感じられるお店です。

銚子で有名な魚はサンマ、サバやイワシなどですが、こちらで食べられるものはあぶらぼうずです。
あぶらぼうずとは深海魚の一種で、日本で数カ所しか食べられない珍しい魚です。
魚に脂がたくさん含まれていることから、あぶらぼうずという名前が付けられているんだそうです。

オススメのあぶらぼうずを使った料理は、以下のものがあります。

あぶらぼうず照焼(刺身2点盛・ライス・味噌汁付)
1860円
aburabouzu
あぶらぼうず煮付(刺身2点盛・ライス・味噌汁付)
1860円
※写真はあぶらぼうず煮付

あぶらぼうず&きんめ2色丼(味噌汁付)
2200円

照焼は1週間タレに漬け込んであります。味付けは少し濃いめかもしれません。
身がしっかりしていますが、脂がのっているため口に入れるとトロッととろけます。

ここ周辺は観光地のため、どこも観光客向けの料金設定となっており値段は高めです。
その中では、海ぼうずは高い方ではありませんし味も確かですので安心できるお店です。

銚子の魚は新鮮で脂がのっており、とても美味しいという印象です。

銚子の近くを通るときは、是非寄り道して食べて行って欲しいと思います。
もちろん銚子目的でもいいとは思います。

ちなみにお隣も人気店

海ぼうずの隣にある九六も人気のお店のようですね。
こちらでは金目鯛がオススメのようですよ。
銚子でとれる金目鯛は脂ノリがよく銚子つりきんめというブランドにもなっています。

こちらの金目鯛の料理も1度食べて見たいですね。

こちらの方が少し値段は少しはるようですが、それだけあってかとても美味しいそうです…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事とスポンサーリンク