プチ断食の正しい方法を学ぼう

健康ブームの中、プチ断食が注目を集め始めています。
断食は苦しいですが、「身体に良いのなら、プチ断食くらいならやってみようかな」という方もいるのではないでしょうか。
気軽にチャレンジできるのがプチ断食の良さでもあります。

プチ断食は「胃腸が健康になる」「免疫力があがる」「美肌効果」「便秘の改善」「生活習慣病の改善」「ダイエット」などの効果があると言われています。

そんなプチ断食ですが、一歩間違えるとリスクもあります。
正しい方法でおこなうことも大切です。

ここではそんなプチ断食の正しいやり方について取り上げてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

消化エネルギーを健康のために使う

そもそもプチ断食がなぜ健康に良いのでしょうか。
一般的には栄養バランスの良い食事を摂ることが健康的ですが、断食はその逆のようにとらえることもできます。

断食が健康的な理由は、消化するエネルギーを使わないことにあります。
人間は食べ物を消化するために膨大なエネルギーを使います。
食事をしないことによって、その消化するエネルギーを健康維持のために使えるというわけです。

プチ断食の方法

プチ断食ですので、一気に何も食べなくなるわけではありません。
プチ断食をするには、食習慣を変えすぎずに徐々に進めていきましょう。

cutlery1229

まずは朝食抜き

まずは朝食はとらずに、昼食までは何もとらないようにしましょう。
人間は水を必要としますので、水は飲んでもOKです。
ノンカフェインであればお茶は飲んでもかまいません。
耐えられない場合はフルーツジュースや野菜ジュースなどを飲んでください。

前日の夕食からその日の昼食まで最低10時間は間隔をあけることがポイントです。

この朝食抜きを5日間連続でチャレンジします。
その後、25日休憩して、また5日間連続で朝食抜きをおこないます。
これがプチ断食へのファーストステップです。
身体に耐性ができると、もっと長い日数でできるようになると思います。

週に一度、一食のみ

朝食抜きに慣れてきたら、次のステップへいきます。
セカンドステップは、週に一度だけ一食のみにします。
夕食のみにします。

前日の夕食からその日の夕食まで24時間空けることがポイントです。

食事をしていない24時間の過ごし方は、ファーストステップと同じです。
水を基本的に飲み、カフェインのないお茶も飲んでOKです。
我慢できない場合はフルーツジュースや野菜ジュースを飲みます。

週に一度だけ夕食をとるスタイルを一ヶ月間続けます。
その後、数ヶ月は普通の食生活に戻します。
そしてまたプチ断食週間に入ります。
このサイクルがセカンドステップのサイクルです。

このときの夕食は脂っぽくないものをとりましょう。
胃がビックリしてしまいますので、なるべく胃に優しい消化に良いものが望ましいです。
また、胃に負担をかけないようによく噛んで食べることを心がけてください。

体力のない人はプチ断食はNG

プチ断食は健康で体力のある人がおこなうことで、はじめて効果があります。
病気を持っている人や、体力のない人がやると逆効果です。

また普段ダイエットなどをしている方は、毎日の生活で既に必要な栄養素が摂れていないこともあります。
食の細い女性なども、あまりオススメできません。

健康効果のあるプチ断食ですが、健康と体力に自信がない場合は、控えた方が懸命でしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事とスポンサーリンク