ギターの初心者が一冊目に買うべき「オススメの入門本」

書店に行くと、数多くの音楽系の本が並んでいます。
どれを買えばいいか悩んで、長い時間書店にいた経験のある方も少なくはないと思います。

つい多くの本が欲しくなってしまいますが、できれば自分に合った本でじっくりと勉強したいものです。

ここでは「これからはじめる!! ロックギター入門 これだけは知っておきたいすべてが見て・弾けるDVD付」の紹介をしたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「これからはじめる!! ロックギター入門」のオススメポイント

・丁寧な解説でわかりやすいため、飽きにくい。

・DVDで演奏方法の確認が出来る。

・全くの初心者からでもスタートできる内容である。

guitar0122

「これからはじめる!! ロックギター入門」の気になるポイント

・洋楽好きには選曲が合わない。(オレンジレンジ/B’z/BUMP OF CHICKEN/レミオロメンなど)

・課題曲は難易度が高い。

・課題曲はDVDには収録されていない。

・ギターを少し弾いたことのある人には簡単すぎる内容である。

「ギターの全くの初心者にもオススメできる」入門本

この本は、まさに「ギター初心者にターゲットを絞った」オススメの入門本です。
とても簡単な練習からスタートしますので、自然にギターの世界へ入れると思います。
練習内容だけでなく、弦の張り方やアンプの設定、エフェクターについてまで解説があります。

やる気が出る内容

ギターの初心者にとって一番大切なことは、「まずは弾く」ことです。
この本は説明が丁寧なのも特徴です。
練習内容の意味から理解できますので、高いモチベーションを持ってギターの練習を始められます。
またDVDでお手本の演奏があるので、音でも目でも演奏方法を確認できます。

他の入門本には「とにかく指を動かす練習をしよう」という内容のものもあります。
そのような本でギターの練習をする気が無くなってしまった方も、この本は試してみる価値があると思います。

初心者には一番大切な「練習を続けることが出来る」本に仕上がっています。

課題曲は難易度が高い

練習曲はとても練習しやすくまとまっていますが、最後の課題曲は難易度が上がります。
この本の練習だけでは、対応できないかもしれません。

「このような曲も、いずれ弾けるようになりたい」程度に取り組んで、弾けなくても気にしないのが無難だと思います。
まずは課題曲以外の練習を繰り返すことをオススメします。

ギターをはじめるにあたって入門書選びに困っているのであれば、オススメの一冊です。
なにより「わかりやすく飽きにくい」のが一番の特徴です。
この本の続編も出ているので、購入にはご注意ください。
続編はステップアップし難易度が高くなっています。

続編のタイトル
「これからはじめる!!ロックギター入門 Evolution 初心者~中級者向け これだけは知っておきたいすべてが見て弾ける」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事とスポンサーリンク