「ウォーターマンのボールペン」を大切な人のプレゼントに

ボールペンをプレゼントする際に、ウォーターマン (Waterman) を選ぶ方は多いと思います。
自分用としてもプレゼント用にしてもウォーターマンのボールペンはピッタリだと思います。
ここではウォーターマンのボールペンを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

保険外交員の苦い経験から生まれたボールペン

創業者であるウォーターマンは、もともとはニューヨークで保険外交員をしていました。
ウォーターマンはその時の大事な契約の席で「万年筆のインク漏れ」が原因で契約書を汚し、新しい契約書を用意している間に別のライバル会社に契約をとられてしまう苦い経験をしています。

この経験から質の高い万年筆を作ろうと心に決めたウォーターマンが作った会社が、現在のウォーターマンなのです。
ウォーターマンが1883年に開発した毛細管現象を用いた万年筆は、万年筆業界に革命を起こし、その後の万年筆の常識となりました。
万年筆の新たな歴史はここから始まったのです。

高級感のある優れたデザイン性

ウォーターマンの筆記用具は洗練されたデザイン性からも人気があります。
フランス風の高級感のある形状と色に虜になるファンは多くおり、「ライティング・ジュエリー」と呼ばれることもあります。
数多くのデザイナーなどともコラボレーションをしていることから、時代をリードする筆記用具メーカーとも言えるかもしれません。

ウォーターマンは、現在はウォーターマン社はサンフォード社の傘下に入っています。
ちなみに同じく筆記用具で有名なブランドであるパーカー社も現在はサンフォード社の傘下であります。

ウォーターマン ボールペン メトロポリタン エッセンシャル マットブラック


こちらは細身のデザインのボールペンです。
適度な高級感と、重みを感じられるボールペンで、「落ち着きのあるボールペン」をお探しの方にオススメです。
シンプルでありながら飽きの来ないデザインのウォーターマンらしいボールペンです。

ウォーターマン ボールペン エキスパート エッセンシャル ブラック


書きやすさ・疲れにくさも追求したいのであれば、こちらもオススメです。
メトロポリタンより太めのボールペンです。
高級感のあるデザインで、ビジネスシーンやフォーマルな場でも重宝すると思います。
ずっしりとく重さで、光沢のあるデザインに落ち着きも感じられます。

「父の日」のプレゼント用としてもオススメできるボールペンです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事とスポンサーリンク