キャント・バイ・ミー・ラヴ(ビートルズ)をカバーした歌手たち

キャント・バイ・ミー・ラヴ(Can’t Buy Me Love)は、ビートルズが1964年3月に発表した6枚目のオリジナル・シングル曲です。

Can’t Buy Me Loveの歌詞でいきなりスタートするのが印象的なこの曲ですが、これはプロデューサーのジョージ・マーティンのアイディアでした。
ビートルズの人気の絶頂期のシングルで、史上初めて予約だけで100万枚以上売れたシングルとなりました。
またイギリスでもアメリカでもチャート1位を獲得しています。

ここでは、ビートルズのキャント・バイ・ミー・ラヴ(Can’t Buy Me Love)だけでなく様々なミュージシャンによるカバーを紹介したいと思います。
演奏するアーティストによって曲の雰囲気も変わってくるのも、カバーの楽しみの一つでもありますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビートルズのキャント・バイ・ミー・ラヴ(Can’t Buy Me Love)


まずはオリジナルのビートルズによるキャント・バイ・ミー・ラヴです。
ポップなサウンドで聴きやすく、このアルバムが好きなビートルズファンも多いと思います。
若さあふれるビートルズサウンドに心が踊ります。

トム・ジョーンズのキャント・バイ・ミー・ラヴ(Can’t Buy Me Love)

ビートルズとテイストが変わって、トム・ジョーンズのキャント・バイ・ミー・ラヴはまさに「歌モノ」です。
確かな歌唱力で曲を楽しませてくれます。

マイケル・ブーブレのキャント・バイ・ミー・ラヴ(Can’t Buy Me Love)

こちらはビッグバンドでオシャレ感満載のマイケル・ブーブレによるキャント・バイ・ミー・ラヴです。
甘い歌声で「薄暗い夜とお酒」がピッタリのサウンドです。
アルバム全曲を通して楽しめる1枚です。

綾戸智恵のキャント・バイ・ミー・ラヴ(Can’t Buy Me Love)

こちらは日本から綾戸智恵のキャント・バイ・ミー・ラヴです。
しゃがれた独特の声で哀愁漂うキャント・バイ・ミー・ラヴが楽しめます。
綾戸智恵が完全に売れる直前の初期のアルバムで彼女のルーツも存分に感じとれる1枚です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事とスポンサーリンク