I Want To Hold Your Hand(ビートルズ)をカバーした歌手たち

抱きしめたい(I Want To Hold Your Hand)は、1963年のビートルズによる5枚目のオリジナル・シングル曲です。
レノン=マッカートニーの作品で、ボーカルはジョン・レノンとポール・マッカートニーの二人が担当しています。

ここでは、ビートルズの抱きしめたい(I Want To Hold Your Hand)だけでなく様々なミュージシャンによるカバーを紹介したいと思います。
演奏するアーティストによって曲の雰囲気も変わってくるのも、カバーの楽しみの一つでもありますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビートルズの抱きしめたい(I Want To Hold Your Hand)

まずはオリジナルのビートルズの抱きしめたい(I Want To Hold Your Hand)です。
ヒット曲ばかりが集まったこのアルバムは、全世界で3200万枚も売れ、日本だけでも320万枚を記録しています。
ビートルズファンでなくても所有しておきたい1枚です。

ジョージ・ベンソンの抱きしめたい(I Want To Hold Your Hand)

ジョージ・ベンソン(George Benson)の手にかかると「抱きしめたい(I Want To Hold Your Hand)」が、こんなにもオシャレで美しい曲に変身します。
「キング・オブ・ジャズ・ポップ」と呼ばれ二けたのグラミー賞を受賞している名ギタリストの珠玉のプレイを是非堪能してみてください。
※このバージョンは、ヴォーカルは入っていません。

アル・グリーンの抱きしめたい(I Want To Hold Your Hand)

アル・グリーン(Al Green)のカバー曲を集めたアルバムからの抱きしめたい(I Want To Hold Your Hand)です。
アル・グリーン色に染まったグルーブ感満載の曲が楽しめます。
魂のこもった彼の歌声は必聴です。

スパークスの抱きしめたい(I Want To Hold Your Hand)

スパークス(Sparks)がイギリスから本国アメリカへと帰国したスパークスが1976年に発表したアルバムからの1曲です。
彼らの音楽が、グラムロック・モダンポップからパンクへとサウンドが変わっていく時期の作品です。
世界が広がっていくようなイントロと独特な世界観が印象的な演奏です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事とスポンサーリンク