青森県出身の歴代プロ野球選手のベストナインを選んでみた

今回は青森県出身の歴代プロ野球選手のベストナインを選んでみました。

もちろん9人以外にもプロ野球界で活躍した青森県出身の選手はいますので、そちらを含め青森を代表するプロ野球選手たちをその後にまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベストナイン

異論はあるかもしれませんが、このような結果となりました。

1番 工藤 隆人(ライト)
2番 外崎 修汰(セカンド)
3番 長内 孝(センター)
4番 坂本 勇人(ショート)※
5番 細川 亨(キャッチャー)
6番 八重沢 憲一(ファースト)
7番 佐々木 明義(サード)
8番 柿崎 幸男(レフト)
9番 太田 幸司(ピッチャー)

※坂本 勇人は兵庫県出身ですが光星学院卒のため助っ人参戦

投手

太田 幸司(おおた こうじ、1952年1月23日 – )

甲子園のアイドルして活躍し、プロでは3度の二けた勝利をあげました。
通算318試合に登板し58勝・防御率4.05の成績を残しました。

青森県立三沢高等学校
近鉄バファローズ (1970 – 1982)
読売ジャイアンツ (1983)
阪神タイガース (1984)

三浦 方義(みうら まさよし、1933年8月23日 – )

1956年に29勝をあげ最多勝利を獲得しました。
通算222試合に登板し56勝・防御率2.84の成績を残しました。

青森県立五戸高等学校
読売ジャイアンツ (1952 – 1955)
大映スターズ (1956 – 1957)
大毎オリオンズ (1958 – 1962)

橋本 武広(はしもと たけひろ、1964年9月18日 – )

3年目以降はリリーフとして活躍し、西武のブルペンを支えました。
通算560試合に登板し防御率3.71の成績を残しました。

青森県立七戸高等学校
東京農業大学
プリンスホテル
福岡ダイエーホークス (1990 – 1993)
西武ライオンズ (1994 – 2002)
阪神タイガース (2002 – 2003)
千葉ロッテマリーンズ (2003)

葛西 稔(かさい みのる、1967年5月5日 – )

阪神一筋で活躍した投手で、後期はリリーフとしてブルペンを支えました。
通算331試合に登板し防御率3.59の成績を残しました。

東北高等学校
法政大学
阪神タイガース (1990 – 2002)

捕手

細川 亨(ほそかわ とおる、1980年1月4日 – )

ベストナイン2回(2008年、2011年)、ゴールデングラブ賞2回(2008年、2011年)の実績のある名捕手で、2008年にはオールスターにも選ばれました。
2015年までに1325試合に出場し655安打・打率.203の成績を残しています。

内野手

外崎 修汰(とのさき しゅうた、1992年12月20日 – )

2014年 ドラフト3位
北東北大学野球リーグで首位打者も獲得したこれからの活躍が期待される内野手です。

青森県立弘前実業高等学校
富士大学
埼玉西武ライオンズ (2015 – )

八重沢 憲一(やえざわ けんいち、1951年9月30日 – )

高校時代に太田幸司と同級生で、三沢高の甲子園準優勝に貢献しました。
プロでは通算107試合に出場しました。

青森県立三沢高等学校
東映フライヤーズ/日拓ホームフライヤーズ/日本ハムファイターズ (1970 – 1975)
近鉄バファローズ (1976)

佐々木 明義(ささき あきよし、1971年7月20日 – )

セカンド・サードの控えとして活躍しました。
通算66試合に出場しています。

青森県立三沢商業高等学校
オリックス・ブレーブス/オリックス・ブルーウェーブ (1990 – 1995)
読売ジャイアンツ (1995 – 2001)

外野手

長内 孝(おさない たかし、1957年8月30日 – )

一塁手・外野手として活躍し、オールスターにも2度選ばれました。
通算1020試合に出場し632安打・104本塁打・打率.250を記録しています。

桐蔭学園高等学校
広島東洋カープ (1976 – 1991)
横浜大洋ホエールズ/横浜ベイスターズ (1992 – 1993)

工藤 隆人(くどう たかひと、1981年3月30日 – )

俊足を活かしたプレーで4球団を渡り歩いている選手です。
2015年までに406試合に出場し165安打・打率.253の成績を残しています。

青森県立弘前実業高等学校
青森大学
JR東日本
北海道日本ハムファイターズ (2005 – 2008)
読売ジャイアンツ (2009 – 2011)
千葉ロッテマリーンズ (2011 – 2013)
中日ドラゴンズ (2014 – )

柿崎 幸男(かきざき ゆきお、1956年11月26日 – )

通算46試合に出場しましたが、守備や代走での途中出場で打席に立つことはほとんどありませんでした。

青森県立三沢高等学校
日本ハムファイターズ (1975 – 1980)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事とスポンサーリンク