「Già il sole dal Gange」の名演の聴き比べ

「Già il sole dal Gange」はアレッサンドロ・スカルラッティによって作曲されました。

アレッサンドロ・スカルラッティ(Alessandro Scarlatti/1660年~1725年)はバロック時代の作曲家で59ものオペラを作曲しました。
彼は今日では「Già il sole dal Gange」の他にも「Sento nel core」「Le violette」「O cessate di piagarmi」「Se tu della mia morte」の作曲者としてもよく知られています。

ここでは「Già il sole dal Gange」の名演の聴き比べてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パヴァロッティの「Già il sole dal Gange」


ルチアーノ・パヴァロッティ(Luciano Pavarotti/1935年~2007年)は、イタリアのオペラ歌手で、その輝かしい高音から「キング・オブ・ハイC」と称えられました。
またプラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラスと共に三大テノールとしても知られています。
オペラのレパートリーは幅広く、ベルカント時代のものからヴェリズモオペラまで歌いました。

チェチーリア・バルトリの「Già il sole dal Gange」


チェチーリア・バルトリ(Cecilia Bartoli/1966年~)は、イタリア人のメゾソプラノ歌手で現在世界で最も人気のある歌手の一人です。
その特徴的な音色で一聴するだけで彼女の声だとわかります。
モーツァルトとロッシーニの他にバロック音楽でも活躍しており、この曲はまさに彼女が得意とするジャンルの一つです。
両親ともプロの歌手で、ザ・サラブレッドでもあります。

ラモン・ヴァルガスの「Già il sole dal Gange」


ラモン・ヴァルガス(Ramón Vargas)は1960年生まれのメキシコのテノール歌手です。
90年代前半から活躍し始めた、オペラ界では欠かすことのできない世界屈指のテノールです。
特にベルカント時代のオペラを得意としています。

レナート・ブルゾンの「Già il sole dal Gange」


レナート・ブルゾン(Renato Bruson/1936年~)は、イタリアのバリトン歌手で世界的にももちろん日本でも人気の高い人物です。
20代半ばでデビューして以来、世界の歌劇場で活躍しました。
日本への初来日は30代前半の頃で、それ以来日本とも縁の深い歌手です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事とスポンサーリンク