大学野球の代表的なものと言えば「早慶戦」です。
その中でも、早稲田大学からは多くのプロ野球選手が生まれています。

近年の活躍から「早稲田大学の投手はプロで活躍しない」などと言われることもありますが、名門大学に間違いはありません。
今回は、早稲田大学出身のプロ野球選手の成績を比較してみます。
最強は誰か、通算成績から見てみようと思います。
かつての往年の選手は私の知識不足よりあまり把握できていませんので、比較的最近の選手の中で比較してみます。

2004年度卒業を最後にスターと言える選手が輩出されていないのが寂しいですね。
今いる選手、これからの選手にも期待したいところです。
2010年度卒業の「大石・斎藤・福井」のドラフト1位トリオは載せるか迷いましたが、今後の期待を込めて掲載しました。

現役の選手はまだまだ伸びしろがあると思いますので、現役選手は暫定成績ですね。
成績は2015年終了時のものです。

スポンサーリンク

投手部門

あらためてこうして見ると野手の割に、投手の活躍は控えめです。
早稲田大学最強出身のピッチャーは個人的には和田毅です。
まだまだ活躍できると思いますので、さらに素晴らしい成績を残していってほしいです。

2010年卒業トリオにとっては2016年は大事な年になりそうですね。

小宮山悟(1989年度卒業)ロッテ/横浜/ニューヨーク・メッツ

NPB 18年 455試合117勝141敗4セーブ 防御率3.71
MLB 1年 25試合0勝3敗0セーブ 防御率5.61

タイトル
最優秀防御率:1回 (1997年)

月間MVP:4回 (1990年9月、1993年4月、1997年8月、1998年4月)

藤井秀悟(1999年度卒業)ヤクルト/日本ハム/巨人/横浜

通算14年 284試合83勝81敗0セーブ 防御率3.77

タイトル
最多勝:1回 (2001年)

最優秀投手:1回 (2001年)
ベストナイン:1回 (2001年)
最優秀バッテリー賞:1回 (2001年、捕手:古田敦也)

江尻慎太郎(2001年度卒業)日本ハム/横浜/ソフトバンク

通算12年 277試合28勝20敗1セーブ 防御率4.48

和田毅(2002年度卒業)ホークス/シカゴ・カブス

NPB 9年 210試合107勝61敗0セーブ 防御率3.13
MLB 2年 21試合5勝5敗0セーブ 防御率3.36

タイトル
最多勝:1回 (2010年)

MVP:1回 (2010年)
新人王:2003年
ベストナイン:1回 (2010年)

大石達也(2010年度卒業)埼玉西武ライオンズ

通算2年 61試合1勝6敗8セーブ 防御率4.58

斎藤佑樹(2010年度卒業)北海道日本ハムファイターズ

通算4年 45試合13勝16敗0セーブ 防御率3.66

福井優也(2010年度卒業)広島東洋カープ

通算4年 67試合14勝20敗0セーブ 防御率4.52

野手部門

早稲田大学出身の最強プロ野球選手は、間違いなく青木宣親選手ですね。
さらにメジャーで暴れてほしいものです。
次点では、鳥谷敬選手も文句なしだと思います。
この2人が同級生とは、まさしく早稲田の黄金世代です。

これを見て驚くのは、後に監督・コーチなどとして活躍している選手が数多くいることです。
さすが早稲田大学と言ったところでしょうか。

中村勝広(1971年度卒業)阪神タイガース

通算11年 939試合 打率.246 安打:648 二塁打:115 本塁打:76 打点:219

松本匡史(1976年度卒業)読売ジャイアンツ

通算10年 1016試合 打率.278 安打:902 二塁打:110 本塁打:29 打点:195

タイトル
盗塁王:2回 (1982年、1983年)

ベストナイン:1回 (1983年)
ダイヤモンドグラブ賞:3回 (1981年 - 1983年)
月間MVP:1回 (1982年7月)

山倉和博(1977年度卒業)読売ジャイアンツ

通算13年 1262試合 打率.231 安打:832 二塁打:143 本塁打:113 打点:426

MVP:1回 (1987年)
ベストナイン:3回 (1981年、1983年、1987年)
ゴールデングラブ賞:3回 (1981年、1983年、1987年)
オールスターゲームMVP:1回 (1981年第3戦)

岡田彰布(1979年度卒業)阪神タイガース/オリックス・ブルーウェーブ

通算16年 1639試合 打率.277 安打:1520 二塁打:251 本塁打:247 打点:836

新人王 (1980年)
ベストナイン:1回 (1985年)
ダイヤモンドグラブ賞:1回 (1985年)
オールスターゲームMVP:2回 (1980年 第1戦、1988年 第2戦)
月間MVP:2回 (1985年8月、1989年6月)
セ・リーグ最優秀監督賞:1回 (2005年)

金森栄治(1979年度卒業)西武/阪神/ヤクルト

通算15年 1048試合 打率.270 安打:583 二塁打:104 本塁打:27 打点:239

ベストナイン:1回(1985年)
ダイヤモンドグラブ賞:1回(1985年)

仁村薫(1981年度卒業)読売ジャイアンツ/中日ドラゴンズ

通算7年 396試合 打率.231 安打:91 二塁打:9 本塁打:15 打点:60

石井浩郎(1986年度卒業)近鉄/巨人/ロッテ/横浜

通算13年 974試合 打率.289 安打:894 二塁打:161 本塁打:162 打点:536

タイトル
打点王:1回 (1994年)

ベストナイン:2回 (1993年、1994年)
オールスターゲームMVP:1回 (1992年 第1戦)
月間MVP:4回 (1990年7月、1991年9月、1993年6月、1994年9月)

仁志敏久(1993年度卒業)読売ジャイアンツ/横浜ベイスターズ

通算14年 1587試合 打率.268 安打:1591 二塁打:263 本塁打:154 打点:541

新人王(1996年)
ゴールデングラブ賞:4回 (1999年 - 2002年)
日本シリーズ敢闘賞:1回 (1996年)
日本シリーズ優秀選手賞:1回 (2000年)
オールスターゲーム優秀選手賞:1回 (1998年第2戦)

青木宣親(2003年度卒業)ヤクルト/ブルワーズ/ロイヤルズ/SF・ジャイアンツ

NPB 8年 985試合 打率.329 安打:1284 二塁打:192 本塁打:84 打点:385
MLB 4年 531試合 打率.287 安打:563 二塁打:91 本塁打:24 打点:156

タイトル
首位打者:3回 (2005年、2007年、2010年)
最多安打:2回 (2005年、2006年)
盗塁王:1回 (2006年)
最高出塁率:2回 (2007年、2009年)

新人王 (2005年)
ベストナイン:7回 (2005年 - 2011年)
ゴールデングラブ賞:6回 (2006年 - 2011年)
月間MVP:3回 (2005年8月、2007年4月、2010年9月)
オールスターゲームMVP:2回 (2006年 第1戦、2009年 第1戦)
WBCベストナイン:1回 (2009年)

鳥谷敬(2003年度卒業)阪神タイガース

通算12年 1688試合 打率.285 安打:1766 二塁打:295 本塁打:126 打点:719

タイトル
最高出塁率:1回 (2011年)

ベストナイン:6回(2008年、2010年 - 2011年、2013年 - 2015年)
ゴールデングラブ賞:4回(2011年、2013年 - 2015年)
月間MVP:1回(2010年8月)

田中浩康(2004年度卒業)ヤクルトスワローズ

通算11年 1164試合 打率.271 安打:972 二塁打:136 本塁打:30 打点:327

ベストナイン:2回(2007年,2012年)
ゴールデングラブ賞:1回(2012年)