健康的な生活を送るためには、適度な運動とバランスの良い食事は大切です。

最近ではジム通いの人たちも増えてきて、健康志向は高まりつつあります。
食事もヘルシーなメニューが人気が出てきています。

そのような健康ブームの中でも、朝ごはんを食べない人は意外とたくさんいます。
ビジネスマンや学生たちは、「朝は時間がない」という理由で朝ごはんを食べないことも多いのではないでしょうか。
一人暮らしの若者をターゲットにすると、なんと40%以上も朝ごはんを食べていないそうです。

朝ごはんは大切だとよく言われますが、そもそもなぜ朝ごはんは大切なのでしょう。
ここでは、そんな朝ごはんについて取り上げてみたいと思います。

スポンサーリンク

朝ごはんで脳は目覚める

そもそも朝ごはんはなぜ食べるのでしょうか。
現代の私たちにとって最も大きな理由は、脳を目覚めさせるためだと思います。

脳が活動するのに必要なものは、「ブドウ糖」です。
ブドウ糖は炭水化物から摂ることができますね。
日本では白ご飯、欧米ではパンを軽く食べるのにはちゃんとした理由があったのです。

パンもご飯も消化するのに時間がかかるため、血糖値の急激な上昇を防げるだけでなく、エネルギーも長時間持続します。
お昼までエネルギーを持たせたい人は、典型的な朝ごはんがオススメです。

脳はブドウ糖で活発に動くようになりますので、頭を回転させたいのであれば野菜だけではなく炭水化物も摂るようにしましょう。

burger1230

胃腸も健康になる

朝ごはんはその他にもメリットがあります。
朝ごはんを食べると、朝から胃腸が働きます。

そのため昼ごはんでしっかりしたご飯を食べたとしても、それを消化・吸収するための準備が胃腸にできているのです。
朝ごはん抜きで「ガッツリとした昼ごはん」を食べると、胃腸にも負担がかかるのです。
朝ごはんを食べていないときは、胃に優しい昼ごはんを食べましょう。

また胃腸が活発に働くため、便秘の予防・解消にも効果的です。

スポンサーリンク

せっかくなら美容対策も

朝ごはんを食べるのなら、一緒に美容対策もしましょう。
ブドウ糖を摂ることは脳のためですが、ブドウ糖だけでは身体の健康は保てません。

炭水化物だけでなく、野菜・肉類からビタミン・ミネラル・タンパク質も摂ることをつとめましょう。
お肌に嬉しいビタミンB、ビタミンCは体内に蓄えることができません。
ですので、美容・健康を考えるとそれらの栄養素は毎週毎にしっかりと摂ることが理想的です。

結果的には「バランスの良い食事を三食とる」ことが、健康的な生活につながるということですね。
皆さんも朝ごはんをしっかりと食べて、快適な生活を送っていきましょう。

スポンサーリンク