引越しのタイミングでは家具や家電などをそろえる必要が出てきます。

良いものを揃えたいところですが、安く済むに越したことはありません。
ただ家電は一度購入するとなかなか買い替えはしないので、こだわりたいところは妥協したくないですね。

ここでは、CANONのPIXUS MG7730の基本情報や「良い評判」「悪い評判」をまとめてみます。
是非プリンター選びの参考にしてください。

スポンサーリンク

CANONのPIXUS MG7730の基本情報

タイプ:インクジェット
最大用紙サイズ:A4

解像度:9600x2400 dpi
インク形状:独立
インク色数:6色
インク種類:染料+顔料

印刷速度(カラー):10枚/分
印刷速度(モノクロ):15枚/分
最大給紙枚数(普通紙):125枚
最大給紙枚数(ハガキ):40枚

機能:コピー/スキャナ
機能:ダイレクト印刷/ネットワーク印刷/両面印刷/フチなし印刷/レーベル印刷/カードリーダー
AirPrint対応:○
接続インターフェイス:USB/USB2.0/LAN/無線LAN

幅x高さx奥行き:435x148x370 mm
重さ:7.9kg

※カラー・ホワイト・ブラック・プレミアムゴールド・ノーブルレッドの5色アリ。

CANONのPIXUS MG7730の良い感想

・文字の印刷が綺麗である。

・印刷し始めに多少音が出るが、その後は特に印刷音はうるさくない。

・液晶画面での操作がわかりやすい。

・Wifiに対応している。

・印刷しながらスキャンができる。

スポンサーリンク

CANONのPIXUS MG7730の気になるポイント

・連続コピーができない。

・セットアップに時間がかかる。

・純正インクの値段が高い。

「文字の印刷が美しい」プリンター

CANONのPIXUS MG7730は、スタンダードなプリンターとしてオススメです。
必要なだけの機能と質は十分に備えていますので、一般用途では十分に活躍してくれることでしょう。
ただ、こだわりの強い方はもう少し上の価格帯で探したほうがいいと思います。

印刷速度は速いわけではありませんが、ストレスを感じるほどの遅さではないと思います。

写真より文字の印刷にオススメ

気になる印刷の画質については、文字が特に美しいです。
鮮やかにクッキリと印刷されますので、レポートやレジュメの制作にはもってこいです。

document

ただ写真などの印刷においては、キャノンよりエプソンに軍配が上がると思います。
写真の印刷技術においては、やはりメーカーの地力が違うようです。
設定により画質は変えられますが、エプソンが自然な発色なのに比べてキャノンは濃く深いような印象です。

もちろん写真も綺麗に印刷してくれますが、文書の印刷の頻度が多い方のほうが向いている製品かもしれません。

ランニングコストがかかる

大手メーカーならどこでも共通することですが、インクの入れ替えにはコストがかかります。
純正インクは特に値段が張りますので、印刷の頻度が高い人はランニングコストがかかります。

「キャノンのインクは高い」ということは、頭に入れておくべき点です。

良い点も悪い点も書きましたが予算1万円台で考えると、優れたプリンターです。
ひと昔前のプリンターと比べると明らかに進化もしています。
必要な機能も一通りそろっていますので、家庭用のインクジェットプリンターをお探しの場合は、候補に入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク