ニコンのCOOLPIX P610の「感想・評判」レビュー

カメラと言えば、一昔前まではとてもお金のかかるものでした。
しかし、デジタルカメラの普及により最近では比較的低価格からカメラを楽しめるようになりました。

専門的にも楽しまますが、今ではカメラは気軽に楽しめる趣味の一つになりつつあります。
家族の写真や旅行の写真などの良い思いでも、良い写真で撮れるに越したことはありません。

ここでは、ニコンのCOOLPIX P610の感想やレビューなどをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ニコンのCOOLPIX P610のオススメポイント

・一眼レフと比較しなければ、十分すぎる画質である。

・手ぶれ補正が優れている。

・低価格で60倍ズームが手に入る。

・気軽に持ち運べる。

・バッテリーの持ちも悪くはない。

・ホールド感が良い。

ニコンのCOOLPIX P610の気になるポイント

COOLPIX P610

・天気の悪いときや夕方・夜での使用は、少しぼやける。

・暗くなるとノイズが気になる。

今までのデジカメやスマホから気軽にステップアップできる

ニコンのCOOLPIX P610は気軽にカメラを趣味として始めたい方にはピッタリのカメラだと思います。

60倍ズームが低価格で手に入る

まずは60倍ズームで飛行機や鳥をこの値段で綺麗に撮れることが、このカメラでオススメできるポイントです。
一般的なデジカメより、少し値段を足すだけで60倍ズームが手に入りますので撮れる景色の選択肢も増えます。
今まで一般的なデジカメやスマホで撮っていた方でしたら、月や飛ぶ鳥を撮影してみると今まで撮ったことのない美しい写真が撮れると思います。

ズーム機能はもちろんですが、その他の基本的機能ももちろん備わっています。
手ぶれ補正が優秀であることも、カメラに慣れていない方にとっては大きなポイントとなると思います。
また「夜景」「風景」「逆行」などのシーンはもちろん、「スポーツ」「雪」「花火」「月」など多彩な撮影モードがあります。
モードを設定することで、素人でもそれなりの写真が撮れるので初めてのカメラにも最適です。

一眼レフと比較してしまうと劣りますが、万能で使える初心者には嬉しいカメラと言えます。

持ち運びが簡単

一眼レフや三脚での撮影ですと、かなりの重さになる分気軽に持ち運びができません。
その点、COOLPIX P610は気軽に持ち運びができます。
「写真は撮りたいけど、荷物がかさばるのは嫌だ」というカメラの専門家には怒られそうな希望も満たしてくれます。

外観も一眼レフに比べると安く見えますが、一般的なデジカメよりは高級感が感じられます。
「デジカメより良いやつが欲しいけど、専門的にやるまでは…」と考えている方は、気軽にステップアップできるCOOLPIX P610を候補に入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事とスポンサーリンク