2015年の日本シリーズを前に衝撃的ニュースが走りました。
まさか、高橋由伸が監督になるとは。
そして現役も引退するとは驚きです。
個人的にはまだまだ現役でのプレーが見たかったので、寂しさがかなりあります。
しかし、監督をするからには是非来シーズンから思い切り監督として暴れて欲しいです。

高橋由伸と松井秀喜は巨人で5年間一緒にプレーしました。
その間彼らは、練習でも、ベンチでも、守備でも打順でもいつも隣にいました。
そんな松井秀喜は、由伸の引退にたいするコメントで「彼ほどすべてにおいて洗練された選手には初めて会いました。」と言いました。
松井秀喜も認める天才バッターが高橋由伸です。

今日は高橋由伸の伝説や逸話を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

自然と左打ちに

高橋由伸は右利きです。
それにもかかわらず、3歳のときには左打ちにでスイングをしていたそうです。
誰から教わるでもなく左打ちだなんて、天才の片鱗を感じさせます。

由伸は小学四年生で野球をはじめて早速レギュラーになりました。
そこから中学卒業までは父親の指導のもと練習を重ねました。
身長の2倍もある竹の棒で素振りをしていたそうです。

中学では全国大会を2連覇し、中学三年生のときの打率は.559でした。
恐るべき数字です。
5割越えはもうほとんど打っている感覚でしょう。

baseball

ちなみに幼い頃の由伸は、プロ野球選手になる夢もなく、憧れの選手もいなかったそうです。
珍しくタイプの選手ですね。

中学時代になっても、野球に行きたくないと言い無理やり父親に引っ張られて野球をしに出かけていたそうです。
野球を小さい頃に好きこのんでやっていなかったプロ野球選手は果たして何人いるのでしょう。
恐らくほとんどいないのではないでしょうか。

高校で外野手に転向

中学まではエースで4番の高橋由伸でしたが、桐蔭学園に入り外野手へ転向します。

1年生からレギュラーとなり高校2年のときに甲子園へ出場しました。
その後、プロ野球から注目はされていましたが進学を決意し慶應大学へ入学します。

高校の監督によると、当時の由伸は野球好きには余り見えなかったそうです。
果たして本人の気持ちの真相はどうなのでしょう。

スポンサーリンク

大学では仏様の由伸

高橋由伸は慶應大学へ進学します。
1年生からレギュラーに定着し、3年生のときには三冠王も手にします。

大学日本代表の4番バッターとして上原浩治らとともにキューバを倒したのは今でも印象に残っています。

ちなみに由伸は1度だけ大学時代に投手として出場したことがあります。
ストレートはなんと149km出たそうです。
ジャイアンツに入ってからのあのライトからのレーザービームにも納得です。

当時の監督によると、試合の勝負にはこだわるが由伸個人の成績にはこだわっていなかったそうです。
また、後輩に怒ることはなく後輩をかばってくれる優しい先輩だったそうです。
由伸の人間性があらわれているエピソードですね。

ジャイアンツ時代

大学卒業後、ドラフト1位で巨人に入ってからの由伸の活躍はみなさんもご存知の通りですね。

新人王は川上憲伸に譲りましたが、安定した成績で入団3年で年俸1億円に達しました。
史上最速での1億円到達でした。

2003年には11打数連続ヒットと14打席連続出塁のプロ野球タイ記録を作りました。
また、2007年には開幕戦初球先頭打者ホームランを打ちました。
スランプも長いですが、打ち出したら止まらないとが由伸の印象ですね。

また初球から積極的に打つのも特徴的で、天才的なバッティングだと言われました。

壁にぶつかるのも恐れない闘志溢れる守備も忘れられません。
原監督から体のためにダイビングキャッチ禁止令が出るほどでした。

余談ですが、2007年のチャリティーオークションでは由伸選手のユニフォームが100万円以上で落札されました。
まさに人気と実力を兼ね備えたスターでした。

以上、簡単ですが高橋由伸のエピソードの紹介でした。
高橋由伸選手の引退は残念で仕方ありませんが、監督としても応援したいと思います!

スポンサーリンク