かぼちゃは緑黄色野菜の一つとして知られています。
料理では煮物の定番としてよく使われます。
かぼちゃのスープも人気のメニューの一つですね。
女性の方は、スイーツなどのデザートで摂ることもあると思います。

かぼちゃは栄養満点の食材です。
今回はかぼちゃの栄養素と健康効果について取り上げてみようと思います。

スポンサーリンク

かぼちゃと言えばβ-カロチン

かぼちゃと言えば何と言ってもβ-カロチンです。
皆さんもご存知の栄養素の一つですね。
このβ-カロチンだけでも、健康効果は抜群です。
β-カロチンは皮などに多く含まれていますので、中身だけでなく皮ごと調理することも大切です。

β-カロチンは熱に強いのも特徴です。
β-カロチンに熱が加わるとビタミンAとなります。
焼いても栄養素が逃げないので、栄養を効果的にとることができます。

風邪予防に効く

β-カロチンには免疫力を高める効果が期待できます。
ウイルスや細菌などが侵入し身体を攻撃することから守ってくれるのです。

風邪などの一般的な病気だけでなくガンの予防にも効果的だと言われています。

身体の老化を防ぐ

またβ-カロチンは抗酸化作用があります。
抗酸化作用により細胞の老化をストップすることができ、身体が錆びつくのを防いでくれます。
身体の酸化を防ぐには毎日の生活の中で、抗酸化作用のある食材を取ることが大切です。
そういう意味でもかぼちゃは手軽に食べられる嬉しい食材の一つだと言えます。

pumpkin

ビタミンが豊富

かぼちゃはβ-カロチンの他にもビタミンB、ビタミンC、ビタミンEも含まれています。
バランス面でもとても優れている食材です。

美容に嬉しいビタミンB

ビタミンB2は細胞を修復してくれる働きがあります。
皮膚や爪や髪などの成長に必要な栄養素です。
肌の美容にも効果的だというわけです。
口内炎がすぐに出来る方は、もしかするとビタミンB2の摂取が足りないのかもしれません。

またビタミンB1は疲労回復の効果があると言われています。
精神的なストレスに対しても効果が期待できます。
現代人にとってはビタミンBは充分にとっておきたい栄養素の一つです。

サプリメントでも摂取できますが、やはり食材から摂るのが1番です。

健康の定番、ビタミンC

健康の栄養素の定番であるビタミンCも含まれています。
ビタミンCは風邪予防、肌の美容に効果が期待できます。

ビタミンCは吸収されてしばらく経つと、体外へ排出されてしまいます。
毎食しっかりと摂りたい栄養素ですね。

ビタミンAで目を健康に

ビタミンAには皮膚や目の粘膜を健康的に保ってくれる働きがあります。
現代人はデスクワークなども多く、目の疲労はつきものです。

またビタミンAの摂取が足りないと、ガンになるリスクが高まるとも言われています。

 じっくりコトコト こんがりパン濃厚かぼちゃポタ-ジュ カップ 34.2g×6個
じっくりコトコト こんがりパン濃厚かぼちゃポタ-ジュ カップ 34.2g×6個

スポンサーリンク

バランスの良いかぼちゃ

他にも食物繊維やカルシウム、鉄なども含まれています。

食物繊維はダイエットや便秘に効果的です。
女性はもちろん、成人男性や肥満気味のお子様にもオススメです。

日頃の食生活の中でかぼちゃを効果的に取り入れて、健康的な生活を送っていきましょう!

スポンサーリンク