引越しのタイミングでは家具や家電などをそろえる必要が出てきます。

良いものを揃えたいところですが、安く済むに越したことはありません。
ただ家電は一度購入するとなかなか買い替えはしないので、こだわりたいところは妥協したくないですね。

ここでは、REGZA 32S10の基本情報や「良い評判」「悪い評判」をまとめてみます。
是非テレビ選びの参考にしてください。

スポンサーリンク

REGZA 32S10の基本情報

画面サイズ:32インチ
画素数:1366x768
IPS方式:○
LEDバックライト:直下型LEDバックライト

録画機能:外付けHDD

HDMI端子:2端子 ARC対応
USB端子:1(録画専用)
LAN端子:○

壁掛け対応:別売

消費電力:61W
待機時消費電力:0.2W

幅x高さx奥行:734x489x180mm
重量:6kg

省エネ基準達成率:170%
年間消費電力量:41kWh
年間電気代:1107円

REGZA 32S10の良い感想

・斜めから見ても問題なく映像が見れる。

・綺麗な発色である。

・基本機能は一通りそろっている。

・薄くて軽い

スポンサーリンク

REGZA 32S10の気になるポイント

・長時間見ると目が疲れる。

・残像を感じる。(スポーツはどちらかというと苦手か)

・PC接続用端子、D端子がない。

オススメ

機能が一通りそろったテレビ

低価格ながら安心のREGZAで、必要な機能は一通り揃っています。
また、斜めから見ても映像はしっかり見られますのでストレスを感じることも少ないでしょう。
残像が残りスポーツ観戦などを得意としない意見もありますが、神経質にならなければ気にならない範囲です。

ただ外付けHDDで録画できますが、シングルチューナーであることは頭に入れておいた方が良さそうです。
外付けHDDの場合、録画しながら他の番組を見ることはできなくなります。

目が疲れやすい人は検討が必要

色鮮やかな反面、それが原因で目が疲れると言う人も事実です。
目が疲れやすい人は、実際に店頭で色合いを比較してみることをオススメします。

店頭は明るい場所が多いので、そこも計算に入れて検討すると良いと思います。
反対に鮮やかで濃い色が好みの方は、ピッタリかもしれません。

音質は最低限レベル

音質については期待しない方が良いでしょう。
ただ普段テレビを見る分には十分みられるレベルです。

音にこだわる方は、光デジタル音声出力端子がついていますので、アンプやスピーカーとつなげれば迫力のデジタルサウンドで映画や音楽が楽しめます。
実際に音にこだわるのであれば、「音の良いテレビ」を探すより、外部で音響機器を揃えることをオススメします。
その方が音質に納得もいき、かつ値段も安価で済むと思います。

以上、REGZA 32S10についてでした。
テレビ選びの判断材料にしていただければと思います。

スポンサーリンク