ボールペンをプレゼントする際に、ラミー(Lamy)を選ぶ方は多いと思います。
自分用としてもプレゼント用にしてもラミーのボールペンはピッタリだと思います。
ここではラミーのボールペンを紹介したいと思います。

ラミー(Lamy)はドイツのハイデルベルクに本社を構える筆記具メーカーですが、創設者のカール・ヨーゼフ・ラミーは元々はパーカー社の営業担当でした。

スポンサーリンク

当初はパーカーと似ていた

1930年からはじまったラミーですが、当初は家族経営でおこなっている小さな会社でした。
また当初のラミーの製品はパーカーの系統を受け継いだものでありました。
そして、時が経つにつれて次第にラミー独自の製品へと進化していきました。

1966年に発売された「ラミー 2000」のヒットで認知度やブランド力も高まり、今では年間600万本の筆記具を生産するまでになっています。

優れたデザインが特徴

ラミーのボールペンの特徴は、何といってもその優れたデザイン性です。
そしてそのデザインはボールペンを作る優れた技術があって初めてできる技であり、その丁寧で細かい加工の仕方で多くのラミーファンを魅了しています。

またそのこだわりのためか、発展途上国での生産はおこなわず、すべてドイツ国内の自社内で生産をおこなっています。
これがラミーのクオリティが維持できる大きな理由の一つに間違いはありません。

そしてそのようなデザイン性の高さと使いやすさを兼ね備えていることが、ラミーのボールペンの人気の秘密でもあります。

ラミー 4色 ボールペン

さすがにプラスチック製の安っぽいものとはちがい、落ち着きを感じさせてくれます。
このデザインは、ラミーを代表するラミー2000シリーズで、デザインされたのは50年も前のことです。
美しいデザインは時代を超越することを、このボールペンは教えてくれているかのようです。

スポンサーリンク

ラミー ボールペン サファリ イエロー

ラミーのボールペンと言えば、このカラフルでポップなデザインも特徴的です。
ボールペンと言えば安いボールペンを何本も買い替えて使う方も多いと思います。
お気に入りのボールペンを使い続けることは、また違った楽しみが増えますので、一度お気に入りのボールペンを探してみてはいかがでしょうか。
こちらは文字は少し太めになっています。

ラミー ボールペン サファリ レッド

ラミーのボールペンは比較的手ごろな値段で手に入ることも嬉しいポイントです。
普段家で使うものは安いものを使いながら、出先や手帳へ挟むものだけこのようなものを準備してみてはいかがでしょうか。
このようなボールペン1本だけでも、見た目では良いアクセントになると思います。

スポンサーリンク