練馬駅はラーメンの激戦区にあります。
今回はその中で、「はないち」へ行ってきました。

練馬駅からは少し離れたところに「はないち」は位置しており、「弁天通り商店街」を抜けたところにあります。
練馬駅からは5分ちょっと歩きます。
2階はマンションのようで、その建物の1階に「はないち」は入っています。
GoogleMapなどの地図アプリで便利な世の中になりましたが、ばったり入るには立地は良くない場所かもしれませんね。

スポンサーリンク

平日昼間に訪問

今回は平日の11時半ごろに訪問しました。
混んではいませんが、定期的にお客さんがちらほらと来ている様子でした。
地元の方や、近くの作業員の方などが客層として多かった気がします。

hanaichi1

店内は女性2人で賄っていらっしゃいました。
ラーメン屋に男性従業員が一人もいないのは珍しいですね。

塩ラーメンと海老塩麺を注文

席につき塩ラーメン(780円)と海老塩麺(900円)を注文しました。
麺は細麺と太麺から選べますが、基本的にはラーメンには細麺、つけ麺には太麺がオススメのようです。

しばらくしてラーメンが到着しました。

hanaichi2

塩ラーメンは濃厚ですが味は薄めに仕上がっており、するすると食べられます。
塩分が少なめの身体に優しい味で、さすが女性の作るラーメンと言ったところでしょうか。
牡蠣の出汁も効いています。
また細麺とスープが絡んで美味しく頂けます。

スープの味は塩分抑えめですが、チャーシューは味がしっかりしています。
炙ってあり脂もしっかりと乗っているので、味のバランスが良く、それぞれがしっかりと味わえます。
チャーシューはこってりとしているので、脂が苦手な方は追加のチャーシューはしない方が無難かもしれません。
ただ1枚でしたら、脂が苦手な方でも美味しく頂けるヴォリュームだと思います。

hanaichi3

海老塩麺ですが、個人的には味が少し薄く感じました。
海老の出汁も効いており風味も豊かなんですが、もう少ししっかりとした味が好みでした。
またこちらは太麺にしたのが、失敗だったかもしれません。
細麺にくらべると、麺とスープがうまく絡み合いません。
それが、味を薄く感じた原因になったのかもしれませんね。

ラーメンを注文するのであれば、「細麺」をオススメします。

ちなみに海老塩麺を注文すると一緒についてくるパンはスープにつけて最後に頂きます。
海老の出汁のスープとパンがマッチして、洋風の味が楽しめます。

厨房内にはラーメン作りの取り決めが

厨房内の壁には、ラーメンを提供する上での注意書きが貼られてありました。
つけ麺・ラーメンはそれぞれ太麺は〇分以内、細麺は〇分以内に提供するなどの取り決めや、ラーメンの提供や接客における優先順位などが客席からも見ることができました。

その他にも、私語は出来る限り慎むなどの接客の基本も見て取れました。
客席からも少し見えることで、従業員の方たちもさらに意識できるかもしれませんね。

壁の張り紙通り、ラーメンは待たずに提供され、丁寧で感じの良い接客でした。

スポンサーリンク

塩ラーメンがオススメ

海老好きとしては海老塩麺に惹かれて入ったのですが、結果的には塩ラーメンの方が好みに合いました。
やはりその店の定番商品が1番美味しいんですかね。

次回訪問するときは、塩ラーメンを細麺でまた頂きたいと思います。

スポンサーリンク