2015年春からWiMAXの速度は徐々に減速しています。
WiMAX2+の速度を確保するために、WiMAXが犠牲になった形ですね。

【WiMAX2+】WiMAXなら家でも外でも使い放題

WiMAXは最大速度が40Mbpsから13.3Mbpsまで下がります。
それに対しWiMAX2+の最大速度は220Mbpsまで上がります。

この速度変更と同時に、WiMAXは無料乗り換えキャンペーンをやっています。
端末代金も契約解除料も登録料も無料でWiMAXからWiMAX2+へ変更できると言うのです。

しかし、これには当然「落とし穴」がありますので注意が必要です。
WiMAXユーザーの中には、不満がたまっている方も多いと聞きます。

スポンサーリンク

新たに2年契約を結ばされる

まずWiMAX2+へ変更すると新たに2年契約を結ぶことになります。
今までWiMAXを1年半使っていたとしても、1か月目からのスタートです。
また2年間は使わなくてはいけなくなります。

厳密には使わなくても良いのですが、「解約金がもったいないからそれまで使おう」と考える方が多いはずです。

macbook1215

「2年ちょうど」のときだけ解約金は無料

WiMAXでは、2年経過したら「2年3カ月」でも「2年7カ月」でも解約金はかかりませんでした。
しかし、WiMAX2では「2年ちょうど」のときに解約をしなければ解約金がかかります。
そのタイミングを逃してしまったら「4年ちょうど」まで待たなければなりません。

日本の携帯会社の悪いところを真似してしまった形ですね。
消費者にとっては嫌なニュースです。

売る側からすれば当然かもしれませんが、「端末代無料」「登録料無料」だけが大きくうたわれています。
デメリットもこちらが気付けるようにわかりやすく書いてもらえれば嬉しいのですが、さすがにそこまで親切ではありません。

スポンサーリンク

WiMAXユーザーは2年経過まで我慢か

今WiMAXを使用している方には、悩ましい問題です。

1年半以上既に使っているユーザーでWiMAX2+へ変更したくない場合は、WiMAXが2年経過したと同時に解約するのが賢い選択かもしれません。
速度がダウンして、環境によってはネット環境が悪くなったユーザーもいるようです。

問題は1年未満のWiMAXユーザーです。
WiMAX2+を長期で使う予定のある場合は、すぐにWiMAX2+へ変えるのも得策だと思います。
「2年ちょうど」でないと解約金がかかるのが気になる場合もあると思います。
そのときは解約金を払ってWiMAXをやめる選択肢もあると思います。
WiMAXの速度が遅くなったのに、「同じ料金」を払っていたり、「解約にお金がかかる」のは悩ましいですが、現状ではこの選択肢しかなさそうです。

追記:ついに繋がらなくなってきた

減速したWIMAXですが、2016年に入って次第に繋がらなくなってきました。
ちなみに周りに建物ができるなどの環境的変化は見当たりません。

正確な原因はわかりませんが、繋がらないことが多くなるとストレスがさすがに溜まります。
解約金がかからなくなるのを待って、解約するしかなさそうですね。
それまでにまた快適に使えるようになればいいのですが…

スポンサーリンク
関連キーワード