「ヨーグルトが健康に良い」ということは様々なメディアでも取り上げられており、皆さんの中でも浸透していると思います。
定期的にヨーグルトブームは起こり、その都度人気の商品は品薄状態になったりもします。
ヨーグルトを食べると風邪やインフルエンザにかかりにくくなるという研究結果がニュースでも取り上げられたりしています。

近年ヨーグルトの人気の高まりで、ヨーグルト市場も拡大してきているようです。

ここではヨーグルトの健康効果や美容への影響について取り上げてみたいと思います。
ヨーグルトブームに乗り、効果を感じた方は一過性に終わらず習慣化していきたいですね。

スポンサーリンク

便秘を改善してくれる

ヨーグルトの効果として最も広く知られているのに、便秘改善の効果が挙げられます。

皆さんご存知の乳酸菌やビフィズス菌がその役目を果てしてくれます。
悪玉菌をやっつけて、腸内環境を整えてくれるのです。
そして腸を活動的にしてくれて、便通をよくしてくれます。

乳酸菌を死滅させないためには食後

乳酸菌は腸に届く前に死滅してしまうとよく言われます。

ですので、乳酸菌を生きたまま腸へ送るには食べるタイミングに注意することが必要です。
食後には胃酸が薄くなっていますので、食後にヨーグルトを食べるようにしてください。
そうすることで、腸まで届く確率が上がってくれます。

朝食にヨーグルトを食べる理由

朝食にヨーグルトが食べられるには理由があります。
一つは食欲が旺盛でないときにでも食べやすいことが挙げられるでしょう。

しかし実はもう一つ理由があります。
それは一般的に人は朝にトイレに行く習慣があります。
そこで朝にヨーグルトを食べることで、腸内環境も同時に整えるのです。

便秘改善による美容効果

また便秘改善により、二次的なメリットもあります。
腸内の環境が良くなりますので、肌荒れ改善の効果が期待できるのです。

ヨーグルトは様々なところで美容効果が歌われていますが、身体を健康にすることによる美容の効果なのです。
身体そのものが健康になりますので、見た目だけでなく内側まで美しくなれるのです。

また腸内環境が整うことにより、風邪などの外敵からの免疫力も高まると言われています。
一度で三度もおいしいのがヨーグルトなのです。

スポンサーリンク

カルシウムとタンパク質も摂れる

ヨーグルトは腸内改善などで注目されますが、カルシウムやたんぱく質も含まれています。

カルシウムの効果

カルシウムは骨を強くしてくれることで知られていますね。
骨粗しょう症の予防にもつながりますので、幅広い年代にオススメできる食品だと言えます。
またカルシウムには精神を安定させてくれる効果もあると言われています。

タンパク質の効果

意外ですがヨーグルトにはタンパク質も含まれています。
朝食にヨーグルトを食べる方も多いと思いますが、実は朝食にヨーグルトを食べることは理にかなったことでもあるのです。

ヨーグルトは腸内環境の改善につながりますが、食べ過ぎには気をつけなければなりません。
何事も適量が大切です。
ヨーグルトにダイエット効果があると言われていることの理由の一つには、腸内環境の改善が関係していると思います。
ヨーグルトは低カロリーですが、食べ過ぎるともちろんカロリーもある程度摂取します。
ダイエットを意識するとしても、食べ過ぎには注意してください。

スポンサーリンク