12月頭に綾の照葉大吊橋(通称:綾の吊り橋)を観光してきました。

アクセスが不便なことがネックですが、綾の吊り橋は訪れるべき絶景スポットです。
途中から細い山道を何度も曲がりながら山の上へと進んでいきます。
運転の苦手な方にとっては、少しハードな道かもしれません。

ただ、高所恐怖症の方は渡ることすら難しい吊り橋は、1度は観光する価値はあるでしょう。

また吊り橋周辺は国定公園に定められており、自然に溢れています。
吊り橋を渡った先は、空気の澄んだ大自然の散歩コース(約2km)が待っています。
「絶景好き」も「自然好き」も満足できる観光名所だと思います。

元世界一の高さの歩く吊り橋

綾の吊り橋の売りは、何と言っても「142メートル」の高さです。
建設された当初(1984年)は世界一を誇っており、地元では大きなニュースとなりました。

 現在の橋は2011年に改築されたものです。

橋を渡る利用料金は300円です。
たった300円で恐怖と感動が味わえます。

綾の吊り橋1

わずか1メートルの道幅

わずか1メートルの道幅は、慣れない人にとってはかなり狭く感じます。
吊り橋を渡るにつれて、壮大な自然の景色と自分が一体化したような気分が味わえます。

都会暮らしの方たちにとっては、なかなか得ることのできない経験です。
橋の入り口は流行の「インスタ映え」を意識してか、ハートのオブジェが並んでいます。
ここでお気に入りの写真を撮ることもできますね。

綾の吊り橋2

長さ250メートルは、かなり長い!

綾の吊り橋の長さは、250メートルです。
普段の道路であれば250メートルなんてあっという間ですが、体感ではかなり長く感じます。

高所恐怖症の方にとっては、はるか先に感じてしまうかもしれません。
実際、恐怖で渡ることができない方がいるほどです。
吊り橋ですので、風が吹くと橋も揺れます
人によっては想像以上の揺れで、かなりの恐怖を感じるようです。

往復しなければいけませんので、実質500メートルの長さを吊り橋上で歩くことになります。

綾の吊り橋3

1番深い142メートルの場所は、吊り橋をスタートしてから奥の方に位置します。
是非とも途中で引き返さずに、最深部の景色を覗いてみてください。

足元は鉄格子のため、下の景色が透けて見えます。
絶景好きの方であれば、下の景色を楽しみながら歩くのもいいかもしれません。

「綾の照葉大吊橋」アクセス、料金、営業時間

変更の可能性もあるので、詳細は公式ホームページでご確認ください。

営業時間 4月~9月 8:30~18:00
営業時間 10月~3月 8:30~17:00
住所 宮崎県東諸県郡綾町大字南俣大口5691-1
電話番号 0985-77-2055
駐車場
定休日 年中無休
利用料金 300円